2017年02月27日

<問24>生駒ゆかりの諸群像

(1)1930年代前半、生駒山頂上の住宅地設計をした人がいます。この住宅地設計を「生駒山嶺さんれい小都市計画」といいます。その人は、1933年にドイツでナチス政権が誕生すると日本に亡命し、3年半の滞日中に各地を歩き、日本の伝統的建築や民俗的美意識を高く評価して日本美を再発見し、「ニッポン」「日本文化私観」「桂離宮」などの著書を著し、日本文化について優れた文章を残しました。この人は、日本に来る前にはドイツで多くの住宅を設計し、そのいくつかは、後の住宅建設に大きな影響をあたえたことから世界文化遺産に登録されています。この著名な建築家はだれでしょう。

(2)下に記した文は、宇野浩二の小説「△△△△△」からの引用文です。△△△△△には著名な小説家の氏名が入ります(漢字5字)。その小説家とはだれでしょう。<問23>の答と同じ人物です。なお、引用文の〇〇には、その小説家の姓のみが入ります。引用文を読むと、大衆文学の新人作家に贈られる直木賞の由来である直木三十五と、純文学の新人作家に贈られる〇〇賞の由来である△△△△△とが一緒に生駒に遊行していたことがわかります。

 ・・・・・妙な事をいう、とは、思ったが、私は、床とこを出て、支度をし、〇〇も支度をした。そうして、「では、行きましょう」という直木(引用者:直木三十五)のあとについて、私たちは、その茶屋を、出た。ところが、すぐ近くだ、と思ったのが、自動車にのせられ、上本町六丁目にゆき、そこから、奈良ゆきの電車にのせられ、生駒駅でおろされた。・・・・・生駒山は、海抜は二千尺ぐらゐであるが、金剛山脈の北部を占める生駒山脈の主峰であり、河内と大和の境にそびえる山である。二千六百年の昔、勇敢な神武天皇も越えられなかった、という伝説の山である。大阪から真東にある奈良まで行く電車がなかなか出来できなかったのは、この大きな生駒山を東西に抜けるトンネルが容易にできなかったからである。数年の歳月と巨額の金額をつひやし十数人の人の命を犠牲にして、やっと、トンネルを通じたのは、その大正九年の秋の頃であった。・・・・・この生駒山の山腹の東側に、『生駒聖天』として名高い宝山寺がある。・・・・・その宝山寺にまゐるために、生駒駅から宝山寺までケエブル・カアが出来できた。さうして、ケエブル・カアができるとともに、そのケエブル・カアの停車場の横から、ケエブル・カアの通じる坂にそうた道に、アイマイな茶屋が十数軒あらはれ、そのアイマイ茶屋のために、アイマイ芸者が五十人ちかく集まって来た。直木が、「しづかな所」と称して、〇〇と私を案内したのは、このケエブル・カアの停車場のちかくの、ちょっとした茶屋であった・・・・・。

(3)次の経歴を持つ、著名な学者は誰でしょう。
 生駒山をはさんで生駒市の西隣の大阪府枚岡市(現・東大阪市)で62(S37)年9月に生まれ、小学3年生のとき生駒市の東隣の奈良市の学園前に転居。中学・高校時代は、生駒山を東西に貫くトンネルを走り抜ける近鉄電車に学園前駅で乗車して大阪に通学。高校生のとき、父から医師になることを勧められたものの、将来の進路に迷っていた。しかし、現在、生駒市立病院の指定管理者である徳洲会の理事長である徳田虎雄氏の著書「生命だけは平等だ」を読み、徳田氏の生き方に感銘を受けて医師になることを決意、神戸大学医学部に入学。卒業後、国立大阪病院整形外科で臨床研修医として勤務したが、研究者を志して退職し、大阪市立大学大学院に入学。在学中、米国グラッドストーン研究所に留学。帰国し、大阪市立大学薬理学教室助手に就任。しかし、研究がうまくいかず、科学雑誌で見つけた、生駒市にある奈良先端科学技術大学院大学(先端大)の公募に「どうせだめだろうから、研究職を辞めて臨床医に戻るきっかけのために。」と考え応募したところ、99(11)年12月に助教授に採用され、研究を再開、iPS細胞の開発に成功した(なお、現在は先端大の最寄り駅は近鉄けいはんな線北生駒駅だが、同線が未開通の当時、先端大は近鉄学園前駅とバスで結ばれていた)。03(15)年9月に教授になったが、翌年、京都大学に移った。06(H18)年8月、米学術雑誌セルにマウスの細胞からiPS細胞を作成することに成功したことを報告する論文を掲載。この論文が直接のきっかけとなって、12(H24)年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

(4)下に記した文で始まる「満月と近鉄」という短編小説は生駒を舞台としています。この作品を書いた小説家を次から選んでください。なお、この作品には、<問22>の答である小説家かと思わせるような長脛ながすね君が登場します。
     万城目学  仁木英之  前野ひろみち  森見登美彦

 若い頃、生駒山の麓で仙人のような暮らしをしていたことがある。十八の春から夏にかけてのことで、今から二十年近くも昔のことになる。私が暮らしていたのは、近鉄生駒駅から「ピックリ商店街」を抜け、宝山寺の参道を五分ほどのぼった「蓬莱荘」であった。

(5)大佛おさらぎ次郎賞は、優れた散文作品に贈られます。その42回目(2015年度)は、生駒市在住詩人の回想記「朝鮮と日本に生きる―済州島から猪飼野へ」に贈られました。この詩人は誰でしょう。次から選んでください。
    金石範キム・ソクポム  李恢成イ・フェソン  金時鐘キム・シジョン  柳美里ユウ・ミリ  梁石日ヤン・ソギル

(6)生駒山の麓に住まいする詩人の貞久秀紀さだひさひでみちさんは、98(H10)年に「空気集め」という詩集で、 詩壇の芥川賞と呼ばれる賞を受賞されました。この賞の名前は何でしょう。次から選んでください。
       H氏賞  O氏賞  Z氏賞  A氏賞  N氏賞

(7)次の文は、「紫障子」という文学作品の紹介記事です(・・・・・は省略部分)。〇〇〇にはこの作品の作者名が入ります。この作者(漢字3字)は誰でしょう。

 ・・・・・猿沢池・・・・の池畔にたたずむ旅龍はたごでの情景が、濃密な怪談への発端となる小説がある。〇〇〇の「紫障子」。〇〇〇が奈良を舞台にした唯一の作品・・・・・。特殊な信仰や伝説から濃厚な怪異譚かいいたんを編む〇〇〇のスタイルは、この作品でも存分に発揮されている。・・・・・作中で京の芸舞妓げいまいこらが、より妖艶ようえんたらんとして執り行うとされる蛇神の秘儀は、上方の花柳界に伝わる「巳みいさん信仰」(引用者:蛇神信仰のこと)と、花街からの信仰も厚かった奈良・生駒山宝山寺の「浴油供よくゆく」がベース。〇〇〇はそこから「今昔物語集」の纐纈城こうけつじょう伝説を連想したらしい。人間を太らせ、脂や血を搾り取るという説話だ。・・・・・舞台となった勝手屋のモデルは定かでないが、五重塔が映る猿沢池は当時のまま。浮世を逆さまに映す鏡のような水面に、〇〇〇は何を見たのだろうか。〜都ものがたり 奈良「〇〇〇 猿沢池畔を舞台に執筆」<朝日新聞/17(H29).6.8>〜

  解答・解説