2015年09月07日

<問16> 仏教芸術(建築)

 東京の中央部に位置する港区には、3つのホテルとコンベンション施設や貴賓館等が立ち並ぶ広大なプリンスホテル高輪エリアがあります(↓地図<クリックで拡大>)。
ああプリンスホテル高輪エリア 出典あり.jpg
 このエリアの中心は、約2ヘクタールに及ぶ「日本庭園」と呼ばれる大庭園で、そこには、滝を持つ大きな自然池や茶寮さりょう・鐘楼しょうろう・茶室のほか、山門を持つ御堂みどうが配置されています。この御堂は、人々に慈悲をもたらす観世音菩薩かんぜおんぼさつを安置しているので「観音堂」(↓写真<クリックで拡大>)と呼ばれています。

観音堂takanawakannondou55.jpg

 この、日本の自然美・伝統美を現出した「日本庭園」は、国内外から来京する人々や東京という大都会で働き居住する人々の癒しと憩いの場所となっていますが、実は、「日本庭園」の中核をなす「観音堂」は、生駒のある寺院にあった三重塔の初層(一階)部分を移築したものです。

 ある寺院とはどこでしょう。次から選んでください。


     長福寺  竹林寺  長弓寺  圓證寺  円福寺



*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*