2014年02月27日

<問13>の解答・解説

                  問題文はこちら

解答> @ 松尾芭蕉  A 和気清麻呂  B 鑑真  C 豊臣秀長  D大阪(大坂)夏の陣  E 伊勢神宮  F島津義弘  Gオールコック  H行基  I長州   J遣唐使   K本居宣長   L井原西鶴   M小林一茶

解説

暗峠・暗越奈良街道について


 A古代より難波と大和を結んできた奈良街道は複数ありますが、そのうち、最も急峻であるが最短で難波と大和を結んだのが暗越奈良街道でした(古代の河内平野と大和盆地.jpgご参照)。暗越奈良街道(現国道308号と重なる)と並ぶ代表的な奈良街道が、高低差が少ない点で楽な竜田越奈良街道(現国道25号と重なる)

 B暗越奈良街道ができた時期(レファレンス共同データベース)

 C司馬遼太郎「関ケ原」の舞台の1つとなっています・・・生駒検定<全国版><問24>生駒ゆかりの諸群像の(10)ご参照



 Fかつて暗峠は、宝山寺へのメインの参詣道(六道)の起点の1つでした。暗峠・宝山寺(参詣)道については、このページご参照。



西畑の棚田.png

各問について

 Aについて Wikipedia和気清麻呂

 Bについて Wikipedia<鑑真


 Dについて  郡山城の戦い   大阪(大坂)夏の陣については、このページ(リンク)やikipediaをご参照  司馬遼太郎「城塞」  Google book<柴田錬三郎「真田幸村」  「城塞」や「真田幸村」の中で幸村が言及している「中垣内越」は、「龍間越」とも「古堤ふるつつみ街道(現阪奈道路が大東市龍間付近で上下線に分離するあたりで北道と南道に別れますが、幸村が言及した木津に通じる方は前者)」ともいい、現大東市龍間付近で阪奈道路と重なっています。司馬さんは「城塞」の冒頭で、「中垣内(龍間)越」の坂のことを、「孔舎衙坂くさかざか」と言っています。  古堤街道(中垣内越/龍間越)のルートについては、このページ「生駒の古道」の概念図ご参照。  幸村の急襲の標的であった家康の宿泊場所は、家康ゆかりの寺だとすると現近鉄奈良駅近くの念仏寺ということになります(ご参照ミラー)。また、その急襲ルートはこの地図の青線で示したルートであったと思われます。  なお、司馬さんは、「関が原」の中でも、暗峠を小説の舞台にしています[<問24>生駒ゆかりの諸群像の(10)ご参照]。

 Eについて Wikipedia<お蔭参り

  お伊勢参り
   ・広義の伊勢本街道(大坂〜奈良<暗越奈良街道>/奈良〜桜井<上街道>/桜井〜榛原<初瀬街道>榛原〜伊勢<狭義の伊勢本街道>)の全行程マップ等(その一部⇒暗峠付近のマップ
  
   ・正吉「・・・・・暗峠を越えてなあ、奈良やあ。そっから榛原へ行って、その先はお伊勢さんまでもう一本道やあ。・・・・・」(NHK連続テレビ小説『あさが来た』<第71話>の一場面/その記事その動画
   

   ・「高山八幡宮古記録」に、「おかげまいり、四国阿波から30万人が高山を経過(3〜5月)」とあります。こちらの参詣団は暗越ではなく傍示越、つまり、阿波→大阪湾→淀川→枚方→交野→かいがけ道<交野から傍示を越えて高山へ>→高山→奈良→伊勢のルートで伊勢神宮までいったのでしょう。

 Fについて Wikipedia<島津義弘>  300人で80000人に突っ込んだ島津義弘ミラー

 Gについて Wikipedia<オールコック>  オールコックらが奈良を経過したときの様子.pdf(『奈良市史 通史三』の「第五章 幕末の奈良 第一節 幕末の奈良町」の444〜446ページ

 Hについて  Wikipedia菩提僊那仏哲道璿>  行基は暗越奈良街道を整備したともいわれていますが、それは、問題文に書いたことを行基がおこなったときかもしれません(記録サーチの要あり)。  東大寺では大仏創建に力のあった良弁、聖武天皇、行基、菩提僊那を「四聖(ししょう)」としています。

 Iについて
  ・矢野騒動については、生駒検定<全国版><問26>生駒の歴史<続き>1868(慶応4)年のところを参照
  ・松平氏の陣屋(生駒陣屋)  ・生駒谷に残る傘形連判状   ・傘連判状の謎.jpg   ・生駒の一揆.pdf(「いこま歴史読本」より)
  ・辻村の地には、生駒から、京都、大阪、奈良、郡山、龍田方面に通じる道路の辻(四ツ辻)があり( 古道地図ご参照)、しかも、南北に細長い11か村の領域の中心にあったので陣屋が置かれました。  

 Jについて  遣唐使と生駒のかかわりといえば、それが暗峠を越えて暗越奈良街道を往来したということのほかに、702(大宝2)年に出立した第8回遣唐使で山上憶良らとともに中国に渡った美努岡萬みののおかまろ(wikipediaご参照.pdf)を忘れることができません。

 Kについて   wikipedia本居宣長古事記伝

 Lについて  wikipedia<井原西鶴世間胸算用>   問題文の挿絵は生駒市デジタルミュージアムミラーより

 Mについて  wikipedia<小林一茶


*
*あああ
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*