2014年03月10日

<問2>の解答・解説

                  問題文はこちら

解答> (1)難波宮なにわのみや  (2)<問 A>対馬 <問 B>堂島  (3)ヤマトタケルノミコト  (4)万葉集  (5)聖武

解説
生駒山のこと矢田丘陵(記紀では「平群の山」)のこと西之京丘陵(京阪奈丘陵)生駒の地理ご参照

)について  難波宮は、飛鳥時代・奈良時代に難波(現在の大阪市中央区)にあった古代宮殿です。聖武天皇はここを平城京の副都としました。生駒山の謎については、古代日本における生駒山の不思議と謎をご参照  参考 : 大和森林物語 謎の山・生駒山を歩く@〜G


)について  矢田丘陵(記紀では「平群の山」)(5)〜(7)ご参照

)について  万葉集の乞食者(ほかひびと)が鹿・蟹のために痛みを述べて作れし長歌二首ご参照  「歴史上の出来事は歴史書が後世に残してくれる。しかし、その歴史の真っただ中で生きていた生活者の声は歴史書には残らない。歌は庶民の声を残すのにもっとも適した詩型である。一首では時代の声は伝わらないが、万の歌があれば、そこに紛れもない人々の声が聞き取れるはずである。『万葉集』とは見事な命名であり、万の葉の戦そよぎのなかにこそ、くっきりとした木の存在が見えてくる。」(この文章より)

)について
  


*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*